FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

主の山に登ろう(7)「十字架の道」


1★十字架のライン
 



ライン15
「十字架の道」 

図16

オンヌリ教会のライブ放映「2014年度受難週特別礼拝」が終わりました。
コチラから

今年は、4月14日(月)から18日(金)まででしたが、
毎夕、わが国日本の信仰者に向いていると言われている「黙想の祈り」が、
静かな賛美が流れる中で真摯に主に向かって捧げられており、
テレビやネットで視聴されていた世界中の方々も
共に素晴らしい祈りの時を持たれた事でしょう。

毎夜、素晴らしいメッセージが語られましたが、今年のテーマは「十字架の道」でした。
十字架の道」とは、私たち日本の教会が語るべきメッセージではないでしょうか?

しかし今や誇り高い国民である韓国の教会が、体の殉教だけでなく、
心の殉教をも捧げて「キリストの身丈;成熟」を目指しているのです。

聖なる主の山の頂上に到達すべく
心の垂幕を裂こうとしているのです。

日本の教会は、良いライバル心を持って
主の聖なる山の頂上を目指して、
「十字架の道」を急いで登って行きましょう。

私たちが切に願うのであれば、聖霊が助けて下さいます。





 
 
・・・・・(1)真の弟子が通るべき苦難の道・・・・

 ★キム・ジンホン伝道牧師(73歳)
425の11
金牧師がメッセージした礼拝はコチラから


メッセージ「福音の奥義」は、下記の御言葉を持って語られました。

★Ⅰテモテ1 Timothy3:16確かに偉大なのはこの敬虔の奥義です。「キリストは肉において現われ、霊において義と宣言され、御使いたちに見られ、諸国民の間に宣べ伝えられ、世界中で信じられ、栄光のうちに上げられた。」

信仰の入口としての「十字架の血と死」の段階に留まっている信仰者が多いのですが、キリストの十字架の苦難を味わった後に与えられる「金」が練り出されていなければならない事を、ご自分の体験を通して語られました。

★詩篇Psalms119:71 苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。
私はそれであなたのおきてを学びました
119:72 あなたの御口のおしえは、私にとって幾千の金銀にまさるものです。

★詩篇 Psalms119:67 苦しみに会う前には、私はあやまちを犯しました。
しかし今は、あなたのことばを守ります。


メッセージだけの部分はコチラから38分41秒あたりから御言葉と講師紹介の後に始まります。

河ヨンジュ先生の十字架のメッセージコチラから

ドキュメンタリー「主は陶器師」はコチラから





・・・・・(2)「民族の肉の願い」から「神の霊の願い」へ・・・・

この受難週特別礼拝の最中に、高校生を乗せたフェリーの悲惨な事故がありましたが、その為の祈りも多く捧げられています。奇跡を願う祈りもありましたが、大人の無責任な行動に対する悔い改めの祈りもありました。

異端と言われている宗教団体の事も取りざたされていますが、今や、世界中のクリスチャンは、冷たい海の中で死んで行った子供たちの魂を主に御手に委ね、その家族の方々の慰めを先ず祈るべきです。

そして、ソロモンが不倫の末に生まれた赤ちゃんの死を通して御言葉を学んだように、私たち全てのクリスチャンもまた「東日本大震災」や「韓国フェリー沈没事故」の尊い犠牲を思い、イエス様の招いておられる「十字架の道」を歩もうではありませんか。

オンヌリ教会創設者の河ヨンジュ牧師もかつて、・・・また今回のメッセージの中で金ジンホン牧師も、韓国人特有の負の部分の民族性について悔い改めを語っています。

私たち日本のクリスチャンにも、イエス様の示しておられる「山上の教え」や「七つの教会への言葉」のような高き水準に外れる日本的値観(倫理感)で悔い改めるべき所を、はっきりと教えてほしいと願っています。世間的に良い事と認められる善行でも、イエス様の基準とは違っている場合が多くあるからです。

金師は、「韓国はイスラエルと共通点があって、一つは苦難の歴史がある事だ」と言い、しかし結末に違いがあって、「イスラエルは「賛美」で終わるが、韓国は「恨み」が最後に残っている」と、先ほどの119編と共に、130編の詩篇の御言葉を引用しました。

★詩篇Psalms 130:1 主よ。深い淵から、私はあなたを呼び求めます
130:2 主よ。私の声を聞いてください。私の願いの声に耳を傾けてください。
130:3 主よ。あなたがもし、不義に目を留められるなら、主よ、だれが御前に立ちえましょう。
130:4 しかし、あなたが赦してくださるからこそあなたは人に恐れられます。
130:5 私は主を待ち望みます。私のたましいは、待ち望みます。私は主のみことばを待ちます。
130:6 私のたましいは、夜回りが夜明けを待つのにまさり、まことに、夜回りが夜明けを待つのにまさって、主を待ちます。
130:7 イスラエルよ。主を待て。主には恵みがあり、豊かな贖いがある。
130:8 主は、すべての不義からイスラエルを贖い出される


そして、育ったクリスチャンホームでの苦難の日々と、ご自分自身の監獄生活で与えられた御言葉を通して、苦難の道である「十字架の道」を通らなければ到達できない素晴らしい「練り出された金」の存在を知るべき事を語っています。

★ヨブJob 23:10 しかし、神は、私の行く道を知っておられる。神は私を調べられる。私はのように、出て来る。

 502弟子の道 - コピー

どんなに苦しくても私たちの道と、その道の到達点を神は知っておられるので、天だけを見上げて私たちは進めと・・・・。

★ヨブJob23:11 私の足は神の歩み につき従い、神の道を守って、それなかった。 

★イザヤIsaiahPsalms 2:3 多くの民が来て言う。「さあ、主の山、ヤコブの神の家に上ろう。主はご自分の道を、私たちに教えてくださる。私たちはその小道を歩もう。」それは、シオンからみおしえが出、エルサレムから主のことばが出るからだ。

荒野の真ん中の十字架の道を、イエス様は真直ぐに登り、ゲッセマネの園と十字架上で、魂と体の垂幕を裂き、復活されて主の山の頂上である御国に入られました。

私たちもそのイエス様の身幅だけの狭く細い十字架の道(神の道・小道)を通って、イエス様の身丈を達成しましょう。

私たちが金となって「イエス様の真の弟子」として練り出される為には、十字架(荒野)の道しかないのです。
 
 




エンディング


全ての国のクリスチャン個人と教会は、自分の魂の肉の命(自分の計画・こだわり・面子・世に付く思い・自慢・・)を、たとえこの世での常識では良い考えと思われていても捨てて死なせ、御言葉から来る「神の霊」で生きるようになる為に、「十字架(茨)の道」を通る事を忍耐しなければなりません。

 425の12

★ローマRomans8:6 肉の思いは死であり、御霊による思いは、いのちと平安です。

神様である御霊の命の中に入る事、それが本物の礼拝です。

★ローマRomans 12:1 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。

まだ体の殉教の時ではないので、今は魂の命を日々生きた聖なる供え物として神の御前に差出し、霊的な礼拝を捧げましょう。イエス様が模範です。この真の礼拝を通して私たちは完成に向かうのです。

キリストの身丈に達した日本、韓国、中国、北朝鮮が、手を取って世界中に出て行き、イエス様の真の愛を伝える日を待ち望んで、毎日の心の殉教を果たして行きましょう。

 4329の6




3ライン 









 ★花のライン17休憩

2014年5月2日(金)コチラからに続きます。
「私たちと主の聖なる山」についてです。


スポンサーサイト

| Ⅴ主の山に登ろう | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://riversidechapel.blog.fc2.com/tb.php/104-a09a6358

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。