FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

究極の賛美(4)賛美と、正反対になる言動①「不平・不満」


1★十字架のライン
 

ライン15
 賛美と、正反対になる言動①「不平・不満」 


韓国のC牧師は言いました。

「私たちが神に対して不平・不満を言う時、
それはサタンを賛美している事になる」と。


私たちは、真の礼拝者となる為に創造されたのに、

また御父と御子が真心からの礼拝で喜ぶ為に、
大きな「十字架の艱難」と言うリスクを覚悟してまで、
我々に「自由意志」を与えたのに、

私たちが不平・不満をならすのならば、
「サタンよ、あなたは私たちを不幸にする力がある」と、
ほめたたえる結果となります。

逆に、心にある不平・不満・絶望を語るのなら
全てを善きにして下さる全知全能の神をのろい、
神の御言葉を信じるに足りないと決め付け、
「あなたには私を幸福にする力がない。
聖書の御言葉は真実ではない。」
と不信仰告白をしている事になります。

イエス様の十字架の贖いによって救われた私たちであっても、
天を仰いで感謝と賛美を捧げる時もあれば、
心に不平不満を抱き、唇は、つい嘆いてしまう時があります。

しかしそれは、私たちが思う以上に罪深い事です。

★ヤコブ James 3:9 私たちは、舌をもって、主であり父である方をほめたたえ、
同じ舌をもって、神にかたどって造られた人をのろいます。
3:10 賛美とのろいが同じ口から出て来るのです。
私の兄弟たち。このようなことは、あってはなりません


※ピリピ Philippians  4:6 何も思い煩わないで
あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、
あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい
4:7 そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、
あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます


私たちの心の中に、神の賢い知恵ではなく、
傲慢で愚かな知恵が満ちているのは、
エデンの園でアダムとエバが
「善悪を知る知識の実」を食べた結果です。

※今の時代にあっても、私たちは自由意志をもって
この「善悪を知る知識の実」を食べてしまいます。
今は特に「善の実」が問題です。


711の0

この実を食べて神の命令に背いた結果、
アダムとエバの心の奥底にあった神の霊が死に
私たち人類の心の中に、神より自分の方が偉いとする
「自分が善悪を判断する」と言うサタンの傲慢が芽生え
その結果、人類はやがて朽ちて死んでしまう肉体を着ました。

そして、サタンの支配する地へと、人類は降ろされました。


 




・・・・・(1)新しい霊・新しい衣・・・・

しかし、私たちを愛する神は、私たちの為にたった一つしかない贖いの方法「十字架」を決行して下さり、

私たちの心の奥底にある「霊」の所に、神の霊「聖霊」を注ぎ、死んで土に帰る私たちの体に変えて、「輝く神の永遠の命」で霊魂を包んで下さいました。

悔い改めて十字架により救われた私たちの内側には、心にキリストの知恵と知識の宝を詰め込まれ、

★コロサイ  Colossians  2:3 このキリストのうちに、知恵と知識との宝がすべて隠されているのです。

 744の1

外側は、キリスト(の幕屋)を着る者として下さいました。私たちはもう,、内側からも、外側からも新しく生まれ変わった者です。

★コロサイ Colossians  3:9・・・あなたがたは、古い人をその行ないといっしょに脱ぎ捨てて、3:10 新しい人を着たのです。新しい人は、造り主のかたちに似せられてますます新しくされ、真の知識に至るのです。

ですから、クリスチャンは皆、新しい人として、その外側のキリストに相応しく、そしてまた、心の奥底に宿られているキリストに相応しく歩んでいるべきです。

そして、自分の肉の思いで良しとするどこまでも自分本位で小さな愛ではなく、キリストの真の愛から出る思いで天の父と人々を愛し、良い行いをもって生きて行きましょう。

★ヤコブ James 3:13 あなたがたのうちで、知恵のある、賢い人はだれでしょうか。その人は、その知恵にふさわしい柔和な行ないを良い生き方によって示しなさい。  

真の神を知る私たちの正しさと善行が、パリサイ人や律法学者に、ましてやこの世の人々の正しさと善行に、劣る事が決してあってはなりません。私たちクリスチャンに対するイエス様からの命令です。

★マタイ Matthew 5:20 まことに、あなたがたに告げます。もしあなたがたの義が、律法学者やパリサイ人の義にまさるものでないなら、あなたがたは決して天の御国に、はいれません。
 

 
 
 



・・・・・(2)サタンの支配する地(荒野)にあって・・・・

私たち神を信じる者も信じない者をも、わざわざサタンの支配する呪われた荒野の降ろされ、体は死んで土に帰る空しい存在とされました。

★創世記 Genesis 3:17 また、アダムに仰せられた。「あなたが、妻の声に聞き従い、食べてはならないとわたしが命じておいた木から食べたので、土地は、あなたのゆえにのろわれてしまった。あなたは、一生、苦しんで食を得なければならない。3:18 土地は、あなたのために、いばらとあざみを生えさせ、あなたは、野の草を食べなければならない。 3:19 あなたは、顔に汗を流して糧を得、ついに、あなたは土に帰る。あなたはそこから取られたのだから。あなたはちりだから、ちりに帰らなければならない。」

エデンの園の神の庭で、「聖かったけれど幼いアダムとエバ」が、神の御言葉の真実を試練の中で見出し、天の御国に「聖く、しみもしわもなく、大人となって帰ってこさせる」目的があったからです。

イエス様が、この地に降りて来て、どのようにサタンからの肉の思いを滅ぼし、天にまで帰って来るかを、「十字架の道」によって示しました。

 Animated jesus

★ルカ Luke  9:23 イエスは、みなの者に言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。9:24 自分のいのちを救おうと思う者は、それを失い、わたしのために自分のいのちを失う者は、それを救うのです。

サタンによって心の中に埋め込まれたDNA「善悪を知る木の実の種」は、「肉の思い」です。サタンの手下悪霊が、日々送り込む「自分の判断が神よりも優れていると考える肉の思い」を、日々十字架に付けて死なせなければなりません。

それがレムナント(真の弟子・聖い花嫁・御父の心をとりなす祭司)の辿るべき、十字架の道です。

★Ⅰコリント 1 Corinthians 15:31 兄弟たち。私(使徒パウロ)にとって、毎日が死の連続です。これは、私たちの主キリスト・イエスにあってあなたがたを誇る私の誇りにかけて、誓って言えることです。

これが、私たちがサタンの支配する荒野で持つべき「真の礼拝」であり、イエス様がその生涯と十字架上で、私たちに示して下さいました。

★ ローマ  Romans 12:1 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。
 




 

 
 
 


・・・・・(3)天をみつめて「賛美のいけにえ」を捧げる礼拝・・・・

そうして、その礼拝に於いて、この世にあっては苦しみがあり、絶望があり、不平があり、不満があっても・・・・、天での報いはこの世で王として宮殿で生きるよりも素晴らしいと確信したモーセのように・・・、

★ヘブル  Hebrews 11:24 信仰によって、モーセは成人したとき、パロの娘の子と呼ばれることを拒み、 11:25 はかない罪の楽しみを受けるよりは、むしろ神の民とともに苦しむことを選び取りました。 11:26 彼は、キリストのゆえに受けるそしりを、エジプトの宝にまさる大きな富と思いました。彼は報いとして与えられるものから目を離さなかったのです。

アブラハムは、聖書の最後、黙示録21章、22章に約束されている「天の新しい都」を、聖書の最初の創世記の中で確信していました。信仰によって天と天で与えられる破格に素晴らしい祝福を待ち望んでいたのです。

 kataki.jpg


★ ヘブルHebrews  11:9 信仰によって、彼は約束された地に他国人のようにして住み、同じ約束をともに相続するイサクやヤコブとともに天幕生活をしました。11:10 彼は、堅い基礎の上に建てられた都を待ち望んでいたからです。その都を設計し建設されたのは神です。

私たちも、モーセのように、アブラハムのように、聖書に出て来る、試練や苦難や患難の中で信仰を守り通した信仰の先輩に見習って、桁外れに大きな十字架の患難を耐え忍んで下さって栄光を受けたイエス様を見習って、キリストの栄光の中で輝く日を夢見て、生きて行きましょう。

★コロサイ Colossians  3:1 こういうわけで、もしあなたがたが、キリストとともによみがえらされたのなら、上にあるものを求めなさい。そこにはキリストが、神の右に座を占めておられます。:2 あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。3:3 あなたがたはすでに死んでおり、あなたがたのいのちは、キリストとともに、神のうちに隠されてあるからです。3:4 私たちのいのちであるキリストが現われると、そのときあなたがたも、キリストとともに、栄光のうちに現われます。

私たちは今、まだ体の殉教を捧げる時ではありません。しかし、心(魂)を一粒の麦として砕いて神の御前に捧げましょう。この世の人々と同じ価値観からすれば「敗北に見える十字架に代表される試練」の中で、その「世と同じ価値観である麦」をいけにえとして、賛美のいけにえを捧げましょう。

★ヘブル  Hebrews 13:14 私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来ようとしている都を求めているのです。 13:15 ですから、私たちはキリストを通して、賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえるくちびるの果実を、神に絶えずささげようではありませんか。 13:16 善を行なうことと、持ち物を人に分けることとを怠ってはいけません。神はこのようないけにえを喜ばれるからです。

私たち主にあっての兄弟姉妹が、この世にあって共に集まり、強き信仰者、ガラテヤ2:20の「キリストの身丈」に達した成人の礼拝者として、共に「賛美のいけにえ」、「御名を称える唇の果実」をお捧げしましょう。

★詩篇  Psalms 35:1「私は大きな会衆の中で、あなたに感謝し、強い人々の間で、あなたを賛美します。」

決してサタンに騙されて、この世の常識で見た「不平・不満・不信仰・絶望・・・」を告白してサタンを喜ばせ、神様を悲しませる事のないように、神と、神の御言葉への信仰に立ちましょう。私たちの神は、ほめたたえるに相応しい神です。

★詩篇 Psalms 145:7 人々はあなたの豊かないつくしみの思い出を熱心に語り、あなたの義を高らかに歌うでしょう。 145:8 主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵みに富んでおられます。 145:9 主はすべてのものにいつくしみ深く、そのあわれみは、造られたすべてのものの上にあります。 145:10 主よ。あなたの造られたすべてのものは、あなたに感謝し、あなたの聖徒はあなたをほめたたえます

 

 
 





エンディング

一緒にさんびしましょう!!!


なんと素晴らしい あなたの愛は
雲より高く 天より高く

ほめよ イエスを あがめよ イエスを
この命にまさる 主の愛は


3ライン 







 ★花のライン17休憩

2014年4月18日(金)コチラに続きます。
賛美と正反対になる言動②「空しい井戸を掘る」



スポンサーサイト

| Ⅵ究極の賛美 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://riversidechapel.blog.fc2.com/tb.php/116-4018014d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。